アンチエイジングを知ってきれいになる。

老化の敵は酸化だけじゃない。炎症も覚えておいて

体が老化していくということは、どういうことか知っていますか。

体がさびるなどと耳にしたことはありませんか。

活性酸素が細胞を傷つけることを酸化といい、それが老化の原因の一つといわれています。

金属になぞらえて、さびるなどと表現するのですね。

酸化の理由はいろいろありますが、紫外線、過度の運動、たばこ、ストレス、睡眠不足などでしょうか。

その対策は、野菜やフルーツに入っている抗酸化物質をとることで、老化のスピードを緩やかにすることができます。

老化の体内時計のハリを進めるものとして、もう1つ覚えておいて欲しいのが、炎症というものです。

捻挫をして腫れることなどが炎症ですが、これが体内の細胞レベルで起こると、老化が進むのです。

炎症を引き起こす犯人は、精製された砂糖や炭水化物、トランス脂肪酸、乳製品の取りすぎ。特に砂糖は、体内でたんぱく質と結びつくと、プリンのキャラメルみたいな状態になり、しわやたるみの原因に、

精製された砂糖や炭水化物を取らないことが予防の近道ですが、抗炎症作用がある食べ物もあります。

オメガ3の油分です。また、フルーツや野菜に含まれる抗酸化物質と緑茶です。

漠然とした対応ではなく、敵の正体を知っていた策をしっかりとって行けば、5年とのなたの若々しさに違いが出ますよ。

また、活性酸素を除去するサプリなるものもあるので、徹底的にアンチエイジングをするならいいでしょう。
ちなみにおすすめの活性酸素サプリはこちらで口コミが見れます。
活性水素サプリ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック